カタカナ語の台頭に負けない

外国人女性のイラスト

「じゃあ、この件はペンディングで。」

「これ、みんなのコンセンサスは得てるの?」最近、こういうカタカナ語を職場でもホントによく聞きますよね。って皆さんも実は使っちゃってますか?でも客観的に考えてみると、日本語の中に突然こういう和製英語的な表現を使うのって変ですよね?

というか正直日本語で話してよ!って思いませんか?

 

だって、ペンディングってただの「保留」ですよ。コンセンサスは「合意」。わざわざ英語で言う必要性を感じないですよね。最近のガールズちゃんねるでも、不快カタカナ語なるトピックが上がっておりまして、これが面白い。

皆さんの意見、「うざい」、、「分かっているふりして頷くしかない」、、分かる分かる。

笑ったのが、「ルー大柴みたいになりそう」。

 

確かに。そう考えると、ルー大柴ってある意味時代を先取りしていたのかとも思いますが、とにかくこういう無駄にカタカナ言葉を増やす前に、まずはきちんとした日本語を話せるようにならないと、どんどん日本語が崩れていくような気がします。

というわけで、今回はこのくらいにしようと思います。それではグッバイ。